季節の変わり目に気になる乾燥と赤み

春の花粉の症状で私が一番気になるのは肌の乾燥と赤みです。目や鼻もむずむずはなるのですがそれ以上に顔の乾燥、赤みに悩まされます。

アスハダの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月使用した体験談をレビューでお届け!

顔の乾燥は、主に口周りや目周り、赤みは頬とおでこと、それぞれ症状と部位が異なることも対処の難しいところです。

乾燥に対しては、いつもよりも化粧水を何度も丁寧につけること、そのときにオイルを少し含ませることで少しましになります。

ましというのは、皮が剥けなくなる、という意味で、肌の乾燥が完全になくなるわけではありません。お昼過ぎになると、パキパキしてきたな、という自覚がでてきて、マスクのなかだろうと、皮が剥けていないか、ハラハラしてしまいます。ただ見た目的には皮が剥けてなければまだましと思っています。

それ以上に悩まされるのが赤みです。赤みはかゆみもともなっているので、スキンケアや化粧だけではなかなか完全に対処できません。

私の場合は頬とおでこの赤みがひどく、朝丁寧にスキンケアをして、赤みを抑えるコントロールカラーベースをしても、お昼過ぎには赤みが出てきます。化粧直しでおさえようとするとファンデーション厚塗りになってしまい、そのせいか痒みが増してしまいます。

早くこの花粉症の時期が過ぎるのを待つこと…ですが、少しでもその花粉の影響を受けないように、なるべく帰宅後はすぐ洗顔するようにして心がけています。