気になる口臭の原因とは?口臭の4大原因と対策について

年齢を問わず、気になるのが口臭。

原因が正しく突き止められなければ、改善されることは難しいとされています。

まずは、自分の口臭の原因を知り、正しい対策を行いましょう。

<4大原因>

1.歯周病

 歯周病とは、歯周ポケットができることです。これは、口の中に細菌が住み着いてしまうことで口臭の原因となります。

 初期は、痛みもなく自覚症状はありません。

 しかしそのまま放っておいてしまうと、ちょっとした刺激で出血が見られるようになり、膿が混じることで口臭がひどくなります。

2.食事など、口にしたもの(食餌性の口臭)

 アルコールや喫煙、またネギ、にんにくなどにおいの強いものを食べたりしたときに取り込まれたことが原因で発生する口臭。

 においの元の成分が消化され、血液から全身に循環し、肺を通って吐き出されるため、歯ブラシなどをしても臭う場合があります。

3.疾患など

 以下の疾患にかかっている場合、口臭の原因となりうることがあります。

 ・糖尿病

 ・気管支、肺のカンジタ感染

 ・肺癌

 ・肺腫瘍

 ・胃癌

 ・肝硬変 など

4.生理的口臭

ブレスマイルウォッシュの効果

 唾液の分泌が減少し、細菌が増殖して口臭の原因となる物質が作られてしまうことで発生する口臭。

 ただ、誰にでもあるにおいで、周囲の人たちを不快にするわけではありません。

 空腹時や起床直後、緊張時に強まる傾向があります。

<対策について>

1,3については、歯科医院や、病院にて主治医に相談してみることから始めるのが望ましいでしょう。

その他については、以下に気をつけることで対策となりますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

・外出する場合には、マウスウォッシュや、トラベル用歯ブラシセット、マウススプレー等を持参し、小まめにケアをする。

・傷から細菌が入らないよう、歯磨きをする際は優しくブラッシングをする。

・においの強いものを食べた場合は、舌も一緒に磨く。

・コーヒーや紅茶より、水を飲むようにする。

・舌の専用ブラシを使用して、週に1回程お手入れする。

・定期的に歯科医院にてクリーニングや歯石除去を行う。

口臭の原因を知り、正しい対策を行えば、口臭を防ぐことは可能です。

自分に合った対策をし、しっかり習慣化しましょう。

また、口臭は歯科医院や歯科クリニックでも相談できますので、改善が見られない場合は、相談へ行ってみるのをおすすめします。