肌悩み、娘には同じ思いをさせないように

私が自分の肌にコンプレックスを持ち始めたのは、中学生になった頃でした。思春期特有なのかもしれませんが、ニキビができ始め、詳しい知識などもほとんどなかったので多分ダメだろうなと思いながらも潰してしまい、跡になり、またニキビができるという繰り返しでした。鏡を見るたびに、周りの可愛い子たちとは違う自分の肌にとてもショックを受けていました。

http://www.sagamirai.jp/

 私の母は、結婚前はそれなりに美容やファッションにも興味があったと思うのですが、結婚後は仕事に育児に家事に追われそういった事に気を使う時間も無くなってしまったのだと思います。母を責める気持ちは全くありませんが、もしあの頃母がファッションや美容に関してアドバイスしてくれたり、いっしょに改善する方法を考えてくれてくれたりしていたら、あの頃の悩みや、今の私の肌も少しはマシだったかなと思ってしまう事があります。

 そういった思いがあるので、私は娘が肌悩みを抱き始めたら、できる限りサポートしたいなと思っております。自分自身の肌は、完璧にケアするとなるとお金もかかりますし、少し諦めてしまっている部分もあるので、娘には私の分までしっかりケアしてできる限り綺麗な肌を保てるようにしてあげたいなと思います。