ニキビの原因

今まででニキビが一番ひどかった時期は、仕事をやめるときでした。

ストレスからニキビが止まらなくなってしまい、皮膚科にも通いました。ですが、一向によくならずニキビを繰り返していました。ですが、根気よく皮膚科で言われた通り顔に手を触れず洗顔も行なっていました。すると、徐々にニキビも引いていき出来なくなっていきました。

そこで学んだことは、原因はひとつではなく生活面で総合的にニキビが出来てしまっていたことです。自分では気付かないうちに体に悪いものを食べて、夜も眠れなくなっていき、眠れないなら起きてしまうようにと徐々に生活リズムが崩れていたことに自分では気付いていませんでした。

ですから、大切なのは顔に手を触れてしまう癖など1つだけでなく、習慣的になっていることを見直す必要があることに気付かされました。習慣は、一日では出来上がりません。自分の生活環境を見つめ直して、良くないと感じることはひとつひとつストレスにならない程度に直していき、総合的に肌が荒れずらい環境をなくしていくことです。

そこでは、ひとつのニキビなど気にしていられません。あまり気にする必要のない細かいことには気にせず、直していきたいところに注力していくべきなのだなと感じています。