女性の薄毛の悩みを解決するために今すぐできること

ある日、自分の頭皮が薄くなってきた事に気づいた。

シャンプーやドライヤーの後の自分の抜け毛が増えてきていた。

その後、いろいろ調べて、生活に様々な増毛対策を取り入れて3か月。

抜け毛が減り、自分の頭頂部がふんわりしてきた。

私の増毛対策は次の3つだ。

ヘアージュは販売店で市販されている?私の口コミと使用感もこっそりレポート!

①シャンプーを「ちょっといいの」に変える。

私は普段、薬局で買えるシャンプーを購入していた。これを、「女性用薄毛対策用シャンプー」に変えたのだ。インターネットで簡単に購入できた。

そして、100均の泡立て器を使い、シャンプーを泡立ててから頭にのせて洗っている。

②貧血対策

女性の薄毛は貧血からくることがある。女性の場合、生理があるので毎月貧血だ。

そこで、毎朝牛乳を飲んだり、貧血に良い食べ物を食べるよう心掛けた。

そして生理の前後は鉄のサプリメントを飲むようにした。

サプリメントでは、鉄以外に、亜鉛のサプリメントも飲んだ。

③頭皮マッサージ

頭皮マッサージは気付いた時に行っている。マッサージの仕方はネットで調べた。

お風呂に浸かり、血行が良くなっている状態で、頭皮マッサージを行っている。

毎日続けることで、頭皮が柔らかく、髪にボリュームが出てきた。

是非おすすめしたい。

毎年悩まされる秋の抜け毛シーズン

もともと髪質は固く毛量も多いほうなので、それも悩みではあったのですが、出産をしてからなのか中年になったからなのか、抜け毛が多くなったような気がしています。特に季節の変わり目の秋に多くなったように思います。

http://www.biroussan.com/
ただ、毛量が多いので抜けること自体困っているのではありません。逆に自然に少なくなってラッキーぐらいの感じでのんきに考えていました。しかし、ある冬の日ふと鏡を見ると2~3cmほどの短い毛がたくさん生えていて、特に目立つのは前髪の生え際あたりで、普段前髪を七三分けにしているのですがピンピン生えている髪がとても目立ってしまうのです。髪が固いこともあり、ワックスをつけようがスプレーで固めようが全く言う事を聞きません。

こうなったら前髪を作って髪の重さで押さえ込もうという作戦も考えたのですが、前髪の隙間から突き抜けてピンピン立ってしまうので意味がなく、結局変な見た目になってしまうことが判明しました。この頑固な毛達にどうにもこうにもなす術がなく、伸びるまで待つしか方法がないという結論にたどり着いたのです。なのでここ数年は毎年恒例の、秋に抜けた髪が冬に生え変わり伸びてくる数か月間、とてもストレスを感じています。

かなりのくせ毛と、髪の毛の色素が薄い

家族代々、女性陣は髪が茶色い家系です。そのため、祖母は『外人、外人』と言われていたそうです。私も高校の入学式で、髪を染めていないにも関わらず、茶色かったため、まるで不良?のような、校則違反をしてるのではないかと周りから煙たがられました。

ニューモは販売店で市販されている?効果や私の口コミ体験談など暴露します!

中には、先生に、あの子髪染めてます!みたいに、チクる子もいたそうです。本当に、何もしていないのにな…地毛なのになと悩みました。でも、大人になってから親に、染めなくていいのだからラッキーだよ と言われて、なんだかホッとしたような嬉しいような。ひとつの個性として捉えられるようになってきました。

美容師さんから見ても、私の髪は完全な黒ではなく、人より色が薄いそうです。焦げ茶のような。あと、悩みがつきないのですが、すごくくせ毛で、毛量がかなり人より多いことを美容師さんから指摘されました。

くせ毛は会社勤めの時は本当に苦労しましたが、今は主婦なので、酷い時は髪を縛ったり朝シャンプーし直したりで済んでいます。毛量は何ともならず、ハサミですいてもらう(量を減らしてもらう)しかありません。髪が中々ドライヤーで乾かないことから、美容師さんに相談したところ、『あなたの髪はちょっと多いどころではなく、人よりめちゃくちゃ多いよ!』と言われて納得しました。そりゃ乾かないわけだ…と。でも髪が多いなら、将来、ハゲにくかったらいいなと思います。(笑)

あえて余計な成分の入っていないシャンプーを

髪の毛の綺麗な状態を維持するためには洗うというのが一番良いのは間違いないのですが当然ながら洗いすぎると髪の毛を守るために薄いバリアが張られているのですがそれすら削ってしまうというようなことになってしまうので、必ずしも洗浄力が高いということが髪の毛の洗うシャンプーとして一番良いのかと言うとそうでもなかったりするのが難しいところであるといえるでしょう。

ニューモの口コミ&効果をレポート!最安値で購入可能な通販は?

あえて、あくまで他に色々な成分が入っていないシャンプーにする、ということはよいでしょう。

少しでも髪にダメージを与えたくないと言うのであればやはり石鹸シャンプーがかなりオススメできるようになっています。

昔から大した成分が入っていないと言われていた石鹸シャンプーなのですが、むしろ、そのほうが髪に与えるダメージは少ないということがわかってきていますから、どうしても良いシャンプーをしてもなかなかふんわりとできないとか艶が出てこないというような場合は、あえてそういう良いシャンプーを使わないで何も他の余計な成分が入っていないシャンプーを使うというようなことにすると上手くいくことがありますから試してみるとよいでしょう。こうしたことで上手く髪の毛をよくすることができたりします。